治療を受けてみよう

不安障害の治療は、大きく分けて二種類あります。
それは、薬物療法と精神療法的アプローチです。
薬物療法の目的は、パニックによって起こる発作を起こさないようにするということです。
これは、予期不安や広場恐怖などを軽減することにも繋がります。
薬物療法で良く使用される薬は、SSRIという抗うつ剤と抗不安薬の種類になるベンゾジアゼピン系の薬剤になります。
ですが、薬の効果は人によって異なりますので、医師が判断して薬の量を増やしたり、変更したりします。
この病気に関しては、薬に頼らずに治すことは不可能に近いです。その為、病院へ行って治療を受けたほうが確実に改善できます。

精神療法的アプローチの治療は、認知行動療法というものが一番効果的になります。
認知行動療法は、無理やり苦手なことを克服しようという療法になりますので、最初の段階では結構辛い状況です。
ですが、薬で安定させておけば、苦手な場所であっても克服できるようになります。
こういった療法は、勿論医師の指示に従って行なうことになりますが、少しでも無理だと感じた時は医師に相談したほうがいいでしょう。
不安障害に関しては、無理に治そうとすれば余計に症状を悪化させてしまうので長引いてしまうことがあります。
ですから、医師やカウンセラーと相談しながら自分のペースに合わせて治療を受けることが大事です。