不安障害とは?

不安障害は、突然不安な気持ちが押し寄せてきて辛い発作が起こります。
どういった症状が起こるのかといえば、人によりますが全ての人が体験談でいうことは原因不明の苦しさが突然表れるということです。
これは、尋常ではないぐらい苦しいと感じますが、肉体的には何処が悪くて起こるということではありません。
その為、内科などで治療を受けたとしても原因は分からない状態です。では、どうして起こるのでしょうか?

不安障害の発作に関しては、起こった本人は死んでしまうかもしれないという不安を抱えてしまいますが、時間が経てば苦しかった発作が嘘のように無くなります。
ですが、何度もこれほど苦しいと感じる発作が起こってしまうので、そのことに対して恐怖を感じてしまい、不安が常に襲ってくる状態になってしまうこともあります。
しかし、パニックに陥ることは決して悪いことではありません。
どんな人間でも突然生命の危機となれば、誰でもパニック状態となってしまいます。パニック状態となれば、鼓動が早くなって血の気が引いてしまい、冷静に物事が考えられない状況になります。
それに、人によっては嘔吐してしまうこともありますし、逃げ出したいという気持ちで何も考えずに走りだすこともあります。
これが、生命の危機ではない時に起こってしまうのが、不安障害という病気を抱えている人になります。
この発作は、凄く苦しいのですが、この発作が起こって死んでしまうことはありません。ですから、一番いいのは病院でしっかりと治療を受けて改善できるようにすることです。